img_02

デジタルサイネージとしてはこれからの

これからが期待されている広告媒体があります。

それが、デジタルサイネージです。
このデジタルサイネージとは初期投資額が意外と高いです。

何故かといいますとこれは電子看板であり、さすがに機械ですからまず機体そのものが高いからです。

それでも長く使うことができますし、内容を変えるのが楽です。

その手間が恐ろしく省くことができるので、メリットがあります。広告と言うのは日々、内容を変えたいほどであるからです。
デジタルサイネージであれば、中身のデータを変えればよいだけです。それだけで表示内容を変えることができるので、非常に効果的な広告媒体といえるわけです。


あくまで都市部が中心ではありますが、これからますます普及していくと予想されています。



デジタルサイネージと言うのは、さすがに機械ですからフリーメンテナンスでよいわけではないです。



そこがリスクになりますが、それでも導入する価値があります。

メンテナンスをしないといけないのは別に通常の看板にも言えることです。

ですから、そこまで憂うことではないです。
台風などのリスクはありますから、保険に加入したほうがよいです。



その点に関してはややデメリットがあります。
それでもこれからの看板として、普及していくことは間違いないです。公共機関でも積極的に導入しています。


ネットワークを使って、表示内容を変えられるのは公共の情報発信ツールとしても非常に優秀であり、有用であるからです。